iPadを企業(自社)に導入した事例(経験)をもとに、iPadの導入・展開・運用・活用に必要な情報を紹介。iPhoneやAndoroid端末の導入にも役立つ情報です。

iPadとPCの位置づけ

iPadを企業に導入するに当たり、既存のPCとの位置づけをどう考えるかという問題があります。通常は以下のいづれかの考え方になります。

・iPadを「PCの代替機器」と位置づけて導入する
・iPadを「PCを補完する機器」と位置づけて導入する

やはり1人にPCとiPadを両方を支給(マルチデバイス環境)となるとコストが当然両機器に対して発生しますので、特にコスト意識の高い管理者などにおいてはiPadを「PCの代替機器」として期待する方は多いです。

しかし実際に導入して使ってみると分かると思いますが、iPadはExcelやPowerPointなどの資料作成や印刷などといったPCでは普通にできる資料作業について機能面でかなりの制約を受けます。

そのため、iPadを導入する際には、iPadを「PCを補完する機器」と位置づけて、PCとは違った利用価値を模索していくことに重点を置いた方がいいと思います。

 

マルチデバイス環境の到来?

私の会社の場合、どちらとも決めずに見切り発車的にiPadを導入しました。結果、ユーザは既存のモバイルPCとiPadの両方を会社から支給される形になり、導入当初はやはりユーザからはiPadとPCの使い分けをどうしたらいいのかという質問を結構受けましたが、明確な回答はできずにいました。しかし導入からしばらくたちiPadが浸透した現在では、ユーザ自ら場面場面に応じてうまく使い分けをしています。ほとんどのユーザは、iPadは主にプレゼンや短時間の移動でのメールチェックなどに使用し、モバイルPCはビジネスホテルや喫茶店で腰を据えて仕事をするときに使用するといった具合に場面や場所に応じて使い分けています。(というものの、iPadは全然使っていないというユーザもまだまだいますので、更なる啓蒙や教育が必要ですが。。。。)

やはり現時点ではPCはPCでどうしても必要で、これからはiPadをはじめとしたタブレットやスマートフォン、PCなどのマルチデバイス環境において、複数の端末を使いこなし、各場面毎に適切な端末を選択できる能力がビジネスマンに求められる時代かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


お勧め書籍

【送料無料】iPad mini仕事術 [ 池田冬彦 ]

【送料無料】iPad mini仕事術 [ 池田冬彦 ]
価格:1,554円(税込、送料込)


Copyright © iPad企業導入マニュアル All Rights Reserved.