iPadでの文字入力についてですが、これまでなんとなく使えていたのであまり気にしていなかったのですが、きちんとわかっていなかったので、きちんと調べてみることにしました。

キーボードの種類について

まずはiOS(iPadおよびiPhone)のキーボードの種類です。iOSには文字入力の為に4種類のキーボードが用意されています。キーボードの種類を切り替えるには、各キーボードにある「地球」アイコンをタップすることで切替えることができます。

・日本語かな
・絵文字
・日本語ローマ字
・英語

iPhoneでは「フリック入力」ができるため、「日本語かな」キーボードを使っている人が多いと思います。しかしiPadでは「日本語ローマ字」と「英語」キーボードを切り替えて使う人がほとんどではないでしょうか?

iOSキーボード

 

キーボードの種類の切替

切替は一方向なため、場合によっては「地球」アイコンを3回タップする必要があります。ただし「地球」アイコンをロングタップすると、一発で使いたいキーボードを選択することができます。

また「設定」-「一般」-「キーボード」と進んで編集ボタンを押すと、普段使わないキーボードを削除することも可能です。もちろん後から追加で元に削除したキーボードを復活されるのも可能です。私は「日本語かな」と「絵文字」を削除して、「日本語ローマ字」と「英語」のみにしています。

iOSキーボード設定1

iOSキーボード設定2

iPadでもフリック入力で文字入力

「たのしいiPhone! AppBank」サイトのこちらの「iPadの文字入力でもフリック入力が超便利!画面も広く使えてみやすいですよ(昼刊)」ページでは、iPadでもフリックを活用して、文字入力を便利にする方法を紹介されています。斬新な方法でビックリですが、フリック入力に慣れ親しんでいるiPhoneユーザはかなり便利そうな技です。

appbank