アップル社から「VPP(Volume Purchase Program)」というサービスが展開されています。この「VPP(Volume Purchase Program)」は、アップル社がiOS端末(iPhoneやiPad)を利用している企業向けにアプリケーションの大量購入や専用アプリを導入するサービスとして提供しているものです。

PCの場合、企業が社員が利用するPCへ導入するWindowsOSやOffice製品のライセンス購入をする際、ボリュームライセンスという形で購入するケースが多いと思います。しかしiPadやiPhoneの場合は、通常「AppStore」からダウンロードしなければならず、その際のライセンスもAppleIDに紐づいたしまうため、企業が退職者のライセンスを他のAppleIDを持つユーザに割り当てることができません。

それに対してVPPは「Volume Pruchase Program」の直訳の通り、iOS用のアプリケーションをApple社からボリュームライセンス形式で購入し、ユーザに配布および導入できる仕組みです。たとえばiPad100台に対して文章作成アプリ「Pages」と表計算アプリ「Numbers」を導入したい場合、このVPPを使用して、購入から配布までできるようになります。

このVPP(Volume Purchase Program)」を利用することにより、情報システム部などがまとめて有料アプリケーションを購入し、MDMからユーザのiPadに対してアプリを配信することができます。また有料アプリや独自開発した専用アプリ以外にも、無料アプリやiBooks Storeから購入した本も配信できます。

Apple社の vpp(Volume Purchase Program)サイト

Apple社の vpp(Volume Purchase Program)サイト