iPadを企業(自社)に導入した事例(経験)をもとに、iPadの導入・展開・運用・活用に必要な情報を紹介。iPhoneやAndoroid端末の導入にも役立つ情報です。

Webの私的利用禁止について

企業内ネットワークにおいてインターネットへの接続環境を構築する際、通常の企業ではWebフィルターを導入しています。Webフィルターはユーザが業務使用以外の不適切なサイトへアクセスするのをブロックします。

iPadの場合、一般のLTE回線や3G回線もしくは外でWiFi回線を利用してWebにアクセスしますが、まったくフィルタなしでどんなサイトでもアクセスできてしまいます。

せっかくiPadを導入しても、趣味のサイトや如何わしいサイトにアクセスするために使用されていたら問題ですし、いざとなったら制限をしていない情報システム部にも責任の一端を負わされる可能性もあり、対策が必要です。

iPadで制限を設定するには2つ以下の方法があります。

  ①キャリアが提供するフィルタリングサービスを利用する。
  ②「i-FILTER」などのiPad向けのWebフィルター製品を導入する
 

①についてはキャリアがソフトバンクの場合、「ウェブ安心サービス」というサービスがあります。

iPadのWebフィルターについては①と②の両方とも一長一短があります。①の場合、キャリア回線でのWebアクセスのフィルタリング機能です。そのためWiFi回線利用時のWebアクセスについては制限できません。WiFi回線の利用を禁止している企業の場合は利用可能ですが、そうでない場合は抜け道ができてしまいます。

②の場合、専用のブラウザを使う必要があります。そのためまずはSafariを禁止します。しかし、その他のブラウザを使われた場合はWebフィルタされませんので抜けができてしまいます。対策としては構成ファイルでアプリケーションの購入を禁止にするが、常にMDMで他のブラウザがインストールされていなかチェックする必要があります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


お勧め書籍

【送料無料】iPad mini仕事術 [ 池田冬彦 ]

【送料無料】iPad mini仕事術 [ 池田冬彦 ]
価格:1,554円(税込、送料込)


Copyright © iPad企業導入マニュアル All Rights Reserved.